ブックタイトル「福が満開、福のしま。」ふくしま秋・冬観光キャンペーン2019ガイドブック

ページ
27/56

このページは 「福が満開、福のしま。」ふくしま秋・冬観光キャンペーン2019ガイドブック の電子ブックに掲載されている27ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

「福が満開、福のしま。」ふくしま秋・冬観光キャンペーン2019ガイドブック

の馬場都々古別神社古想いを辿る個性豊かな羅漢様源義経や松尾芭蕉も立ち寄ったといわれる佐藤一族の菩提寺[県北:福島市]小倉百人一首にも詠まれた悲恋物語の地[県北:福島市]かつて飯坂を治めていた佐藤一族の菩提寺で、源義経や松尾芭蕉も立ち寄ったといわれています。写仏体験などお寺ならではの体験メニューが行われています。α福島市飯坂町平野字寺前45ο福島交通飯坂線医王寺前駅から徒歩で約15分、東北自動車道福島飯坂ICから車で約5分γ9:00~16:00ε1 8歳以上3 0 0円(団体割引有)δ年末年始(瑠璃光殿)κ福島市観光案内所(西口)?024-531-6428悲恋物語を生んだ文知摺石、この物語を偲び多くの文人が足を運んでいます。紅葉や東北唯一の多宝塔遺構(文知摺観音多宝塔)の雪景色などを楽しめます。α福島市山口字文知摺70οJR東北新幹線福島駅から車で約20分、東北自動車道福島飯坂ICから車で約25分γ9:00~17:00(冬期は16:00)ε資料館見学:大人2 0 0円、小中学生10 0円、御朱印:3 0 0円δ年始3日間(資料館)κ文知摺観音?024-535-1471弘法大師が悪鬼を調伏祈願したのが始まりとされる地[]町倉棚:南県樹齢100年を超える杉並木を抜け130段の石段を上りつめると巨岩の洞窟にご本尊がMOVIE[県南:棚倉町]安置された霊場が現れます。秋になると参道や境内の紅葉が見事です。α棚倉町北山本小檜沢94-2οJR水郡線近津駅から車で約10分、東北自動車道白河ICから車で約50分κ山本不動尊?0247-33-2445本殿が国指定重要文化財となっています。秋にはイチョウが黄金色に色づきます。α棚倉町棚倉馬場39οJR水郡線磐城棚倉駅から徒歩で約15分、東北自動車道白河ICから車で約40分κ馬場都々古別神社?0247-33-7219八槻都々古別神社県指定重要無形民俗文化財の霜月大祭の御神楽や国指定重要無形民俗文化財の御田植祭が行われます。α棚倉町大字八槻字大宮224οJR水郡線近津駅から徒歩で約10分、東北自動車道白河ICから車で約45分κ八槻都々古別神社?0247-33-3505大笑い羅漢や酒飲み羅漢など個性豊かな羅漢様が並ぶ[県北:伊達市]パワースポットとしても人気旧別格官弊社とされており、皇室の御崇敬が厚い神社です。境内のもみじは、京都の嵐山から移植されたと伝えられています。α伊達市霊山町大石字古屋舘1ο東北自動車道福島西I C・福島飯坂I Cから車で約4 5分、国見ICから車で約30分κ伊達市商工観光課?024-573-5632国指定天然記念物、全国でも稀な夫婦スギ[県中:小野町]断崖に刻まれた37体の仏像三十三観音史跡公園[県南:矢吹町]隈戸川に面する10m余の断崖に、龕高90 cm以内の仏像が彫刻されています。薬師如来を始め合計37体。間近で史跡を見ることも可能です。α矢吹町滝八幡112-1οJR東北本線矢吹駅から車で約8分、東北自動車道矢吹ICから車で約9分κ矢吹町都市整備課?0248-42-2116[県中:小野町]高僧徳一大師によって開山されたと伝えられ、家畜繁栄・守護のご利益があるとして信仰を集めて来ました。境内奥には、約480体の羅漢様(石像)が鎮座しています。α小野町大字小戸神字日向128ο磐越自動車道小野ICから車で約10分κ小野町観光協会?0247-72-6938諏訪神社の参道を挟んで立つ2本の杉。推定樹齢1200年、高さは14階建てマンションにも匹敵します。これほどの巨木が2本まっすぐに成長を遂げている例は非常に稀です。α小野町大字夏井字町屋137οJR磐越東線夏井駅から徒歩で約5分、磐越自動車道小野ICから車で約15分κ小野町観光協会?0247-72-693826