ブックタイトル「福が満開、福のしま。」ふくしま秋・冬観光キャンペーン2019ガイドブック

ページ
38/56

このページは 「福が満開、福のしま。」ふくしま秋・冬観光キャンペーン2019ガイドブック の電子ブックに掲載されている38ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

「福が満開、福のしま。」ふくしま秋・冬観光キャンペーン2019ガイドブック

aizuご当地グルメ大正時代から親しまれてきたその土地ならではの旨いもの、手軽でリーズナブルなご当地グルメがご野当地カレー!て、食事として、hamaアκ津会メニューを考案しており、春、賞味ください。秋、冬でメニューが変わります。κ浪江焼麺太国アンテナショップ中通りエリア会津エリアたむら八彩カレー[県中:田村市]会津ソースカツ丼[会津:会津若松市]地元の野菜などの食材を8種類以上(野菜味会津の美味しい米と野菜、県産豚肉で地5種類以上)使って彩よく仕上げるご当地カ産地消をモットーに会津の食の観光を一翼レーです。現在9店舗で提供しています。担っています。κ田村市ご当地グルメプロジェクト(レストランドルフィン)?0247-82-0679κ伝統会津ソースカツ丼の会(ルネッサンス中の島内)?0242-24-5151地元食材を使ったグリーンカレーこおりやまグリーンカレー[県中:郡山市]地元食材を使ったお店ごとにオリジナリティ溢れるカレーを提供しています。κ郡山グリーンカレー愛好会?080-3317-5902柳津町で昔から親しまれている味会津柳津ソースカツ丼[会津:柳津町]ごはんの上にキャベツを敷き、卵焼きとサクサクのソースカツが乗っているのが特徴です。郡山発祥のご当地グルメκ柳津観光協会?0241-42-2346クリームボックス[県中:郡山市]厚切りパンにミルク風味のクリームを塗った「クリームボックス」。各パン屋さんによってパン生地もクリームも微妙に違いバラエティー豊かです。卵焼きとサクサクのソースカツがバーガーに!柳津ソースカツバーガー[会津:柳津町]κ郡山市観光協会?024-954-8922玉子焼きを敷いたソースカツとキャベツをバンズではさんだご当地バーガーです。昔アツアツのバンズに冷たいアイスおのまち小町アイスバーガー[県中:小野町]から親しまれている柳津のソースカツ丼を手軽に味わえます。κ観光物産館清柳苑?0241-42-2324昔なつかしの味をB級グルメとしてアレンジ。香ばしく焼いたアツアツのバンズに冷たいアイスを挟んだアイスバーガーは絶品!κ小野町商工会青年部?0247-72-3228「ライス磐梯山」とカレーが出会った一品磐梯山ジオパークカレー[会津:北塩原村・猪苗代町・磐梯町]磐梯山ジオパーク協議会で作ったこだわりのご飯型「ライス磐梯山」は「磐梯山・??ヶ峰・赤埴山」の3つの山と、噴火の火口壁が表現されています!κ磐梯山ジオパーク協議会?0241-32-3180そ甘ずっぱいたむらご当地スイーツ無添加の優しいスイーツれ会津美里のソウルフード都路たまごをたっぷり使った、ぞ北醇[県中:田村市]とろ~りなめらか極上プリンれ美里ホルモン[会津:会津美里町]滝根町産の酸味がしっかりとした高い糖度が[県中:田村市]の臭みが少なく女性にも人気です。店舗によっ特徴の山ぶどう「北醇」を使用したスイーツ。地場産品の「都路たまご」を使用したお菓子。タて使用する肉の種類や味付けが異なるのも羊羹や饅頭、洋菓子などお土産にどうぞ。人気No.1は、卵黄と生クリームをたっぷりイ魅力です。使った「ゆいプリンリッチ」です。ミκ田村市ご当地グルメプロジェクトンκ高田インフォメーションセンター(レストランドルフィン内)?0247-82-0679κみやこじスイーツゆい?0247-73-8380?0242-54-2333福島県を代表するご当地グルメ!松川浦復興なみえ焼そば[相双:浪江町]チャレンジグルメ[相双:相馬市]「なみえ焼そば」は、具はもやしと豚肉のみで濃厚なソースと絡松川浦の観光産業復興の為に、各店舗が旬の食材を活かしたみ合う極太中華麺が特徴です。浪江町のご当地グルメをぜひごκ相馬市観光協会?0240-34-7260?0244-35-3300若松観光ビューロー?0242-23-800037菜の彩り豊かなふくしまにはいっぱい!軽食としグでぜひ味わってみてくださいnaka浜通エりリ伝統料理他の地域では味わえない、地域に根差した郷土料理を味わうことは、味とともに歴史も感じる趣ある体験。ぜひこの機会にお楽しみください!おつまみやおかずとして親しまれている郷土料理いかにんじん[県北:福島市]スルメとニンジンを細切りにして醤油・日本酒・みりんなどで味付けした福島市の郷土料理。北海道の松前漬けのルーツとも言われています。κ福島市観光案内所(西口)?024-531-6428冠婚葬祭に欠かせない郷土料理こづゆ[会津:会津地方]干貝柱のダシでたくさんの具を煮た奥深い味わいです。現在も各家庭で作られています。旨みが「ざくざく」と湧き出すざくざく[県北:二本松市]根菜がたくさん入った汁物で、冠婚葬祭などの特別なときに食べられてきた郷土料理です。κ二本松市観光課?0243-55-5095福島の冬が生み出す郷土食凍み餅[相双:葛尾村]「ごんぼっぱ」と呼ばれるオヤマボクチの葉やヨモギを混ぜてつき上げ、冬の寒さを利用して凍らせた後、乾燥させる郷土食。優しい味わいが魅力です。κふるさとのおふくろフーズ?0240-29-2154町内に多数の馬肉販売店がありますさくら肉(馬肉)[会津:会津坂下町]旧越後街道の交通の要衝で、せり場があったことから馬肉を食べるようになったと言われています。κ会津坂下町産業課?0242-83-5711