ブックタイトル「福が満開、福のしま。」ふくしま秋・冬観光キャンペーン2019ガイドブック

ページ
42/56

このページは 「福が満開、福のしま。」ふくしま秋・冬観光キャンペーン2019ガイドブック の電子ブックに掲載されている42ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

「福が満開、福のしま。」ふくしま秋・冬観光キャンペーン2019ガイドブック

[相双:南相馬市]あぶくま高原の澄み切った夜空を天体観測[県中:田村市]天体観測の宝庫福島県の中でもとりわけ美しいといわれている、阿武隈高原一帯の澄みきった空は、天文家たちからは「天体観測の宝庫」と称賛されています。α星の村天文台(田村市滝根町神俣字糠塚60-1)οJR磐越東線神俣駅から車で約5分、磐越自動車道小野ICから車で約15分γ10:00~16:00εプラネタリウム:大人5 0 0円、小人3 0 0円δ火・水曜日κ星の村天文台?0247-78-3638南相馬市博物館[相双:南相馬市]相馬地方の伝統である、国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」をはじめ、南相馬市を中心に周辺の自然・歴史・民俗をテーマとした展示を行っています。α南相馬市原町区牛来字出口194οJR常磐線原ノ町駅から車で約10分、常磐自動車道南相馬ICから車で約15分γ9:00~16:45(最終入館16:00)ε一般300円、高校生200円、小中学生100円(団体割引あり)市内に通学、在住の生徒、障がい者は無料。ζ団体の場合電話またはFAXで予約(FA X:0 24 4 ?24?6933)δ月曜(祝日の場合は翌日)、1 2 / 2 9~1 / 3κ南相馬市教育委員会文化財課博物館?0244-23-6421塩屋埼灯台[いわき:いわき市]南相馬市の伝統と自然と歴史を紹介ビュースポット編福島体験海抜73mの断崖上に立つ白亜の灯台で、美しい外観から「日本の灯台50選」にも選ばれました。灯台の白と海の青さとのコントラストが詩情を誘う景勝地です。αいわき市平薄磯宿崎34οJR常磐線いわき駅からバスで約30分「灯台入口」下車後徒歩で約15分、常磐自動車道いわき中央ICから車で約40分γ8 : 3 0~1 6 : 0 0(最終入場1 5 : 3 0)ε参観寄付金をお願いしています。κ塩屋埼灯台燈光会?0246-39-3924ライトアップで浮かび上がる美しいアーチ「雲海」を見ることができる?道の駅ガイド小名浜マリンブリッジ[いわき:いわき市]天空の「道の駅しもごう」絶景ガイド[南会津:下郷町]いわきのランドマークの長さ927mの優美な曲線を誇る美しい橋。毎週日曜日は歩道を一般開放しており、橋「道の駅しもごうEmatto」で、観光ガイドが無料で下の上から眺める小名浜の景観はまさに絶景です郷町内のおすすめ絶景ポイントをご案内します。条件が整えば「雲海」を見ることができます。αいわき市小名浜3号ふ頭οJR常磐線泉駅からバスで約15分「イオンモール小名浜」α下郷町大字南倉沢字木賊地内または「支所入口」下車、ο会津鉄道会津下郷駅から車で約15分、常磐自動車道いわき湯本ICから車で約20分東北自動車道白河ICから車で約40分β11月末までの毎週日曜β10月5・6・12・13・14・19・20・26・2 7日予定γ10:00~14:00γ9:00~16:00(最終入場15:30)κ下郷町総合政策課?0241-69-1144、κ小名浜港湾建設事務所管理課?0246-53-7121南会津地方振興局?0241-62-5207!武将甲冑・足軽甲冑の着付け体験を野馬追通り銘醸館にて実施しています。一千年以上の伝統を持つ「相馬野馬追」の里で、甲冑を身につけ相馬野馬追の歴史に触れることができます。α南相馬市原町区本町2-52ο常磐自動車道南相馬ICから車で約10分γ銘醸館9:00~17:00(甲冑着付けの最終受付15:00)ε足軽甲冑1,000円、武将甲冑2,000円(フル装備は+1,000円)ζ事前に電話または用紙に必要事項を記入し申込δ12/29~1/3κ南相馬観光協会(野馬追通り銘醸館)?0244-22-2114甲冑着付け体験勇ましい甲冑姿に大変身巡り41